ホーム東京多摩の日帰り温泉・日帰り入浴>小平天然温泉テルメ小川 (東京都小平市)

  • RSS
小平天然温泉

テルメ小川

TEL:042-344-1126
東京都小平市小川町1-2494

地下1600mから汲み上げた琥珀色の源泉はかけ流しも用意
和風・洋風の2つの浴場が偶数奇数日により男女交代

クーポンなし 天然温泉

テルメ小川住宅地と農地が混在する小平市の閑静な場所に日帰り温泉施設「小平温泉 テルメ小川」がある。テルメとは古代ローマ時代の「公衆浴場」という意味で、外観をはじめ館内各所が古代ローマ調。西武新宿線の東大和駅と小平駅の中間あたりの線路沿いにあり、電車から特徴的な建物を見ることができる。
浴場は和風と古代ローマのパティオをイメージした洋風の2種類があり、偶数日が洋風が男性、和風が女性、奇数日はその反対。おおよそ日替わりで交代している。
源泉は地下1,600mから毎分210L汲む琥珀色のナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉。和風、洋風ともに露天エリアに加温のみを施す源泉かけ流しを用意している。そのほか、和風には浴衣を羽織って入る窯風呂(別途200円)、洋風には人工炭酸泉やテルマリウム(蒸気浴)、各種ジェット系など多彩なラインナップ。平日は年配の方を中心に、休日は家族連れが多く訪れる。

小平天然温泉
テルメ小川
  • 施設名 小平天然温泉 テルメ小川
    ふりがな こだいらてんねんおんせん てるめおがわ
    住所 東京都小平市小川町1-2494
    TEL 042-344-1126
    FAX 042-344-1130
    営業時間 10:00〜23:00 (受付22:15まで)
    定休日 毎月第2水曜日(祝祭日の場合第3水曜)
    公式HP http://www.terme-ogawa.com/
  • 料金
    OK
    【平日】
    大人 800円
    子供(0歳〜12歳)500円

    【休日(土日祝)】
    大人 1000円
    子供(0歳〜12歳) 600円
    アクセス
    車 青梅街道と府中街道の交差点(小川町交差点)から西へ1.1kmの十三小通り交差点そば
    駐車場 駐車場約150台
    電車・バス 西武線東大和駅徒歩20分・西武線小川駅徒歩24分
    JR武蔵野線新小平駅前/都バス・西武バス 小川寺前下車徒歩1分
    JR中央線国分寺駅北口西武バス 小川三叉路下車徒歩5分
  • 湯データ
    源泉名 小平温泉
    泉質 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉
    源泉温度 34.8度
    ph 7.8
    湧出量 210L/分
    成分総計 2177mg/kg
    特徴 浴室が和風風呂、洋風風呂に分かれ日替わりで男女入れ替え制
    効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え症、病後回復期、疲労回復、健康増進、きりきず、やけどなど
  • 館内マップ
    テルメ小川
  • お風呂の種類
    天然天然
    変わり湯変わり湯
    かけ流しかけ流し
    炭酸風呂炭酸風呂
    人工炭酸泉(洋風)
    露天風呂露天風呂
    サウナサウナ
    寝湯寝湯
    蒸気風呂蒸気風呂
    座り湯座り湯
    足つぼ湯付
    貸切風呂貸切風呂
    ジェット系ジェット系
    岩盤浴岩盤浴
    ※かけ流し:循環・ろ過を行わず放流式で配湯 ※炭酸風呂:人工も含む
    館内情報
    フェイスタオル 有料 ローション 有
    バスタオル 有料 乳液 無
    歯磨きセット 無 トニック類 無
    綿棒 有 シャワーキャップ 無
    ドライヤー 有 シャンプー 有
    クシ・ブラシ 有料 リンス 有
    ベビーベッド 有 リンスインシャンプー 無
    くつろぎ着 無 ボディーシャンプー 無
    ロッカー 無料 せっけん 有
    浴室内物置 有 バリアフリー 対応
    コットン 無 喫煙 分煙
トップへ
小平天然温泉
テルメ小川
お風呂
洋風、和風風呂に露天風呂、釜風呂、打たせ湯、水流ジェット浴
琥珀色の温泉をふんだんに使った充実風呂を満喫!
地下1600mから汲み上げられた和風洋風の内風呂
和風風呂、洋風風呂共に内湯の種類はほぼ同じで露天エリアに違いがある。
お湯は地下1600mから汲み上げられた琥珀色の天然温泉でナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉、入浴後はしっとりつるつるになれると評判だ。
和風洋風共に内湯はとても広々としていて手足をのばしてゆったり入れそう。水流ジェット浴も完備され疲れた体を心地良くもみほぐしてくれる。十分な広さのサウナで一汗かいたら水風呂へ。開いた毛穴はもちろん全身を引き締めてくれる。清掃が行き届き清潔感のあるお風呂は洋風風呂と和風風呂に分かれ日替わりで男女入れ替え制
古代ローマのパティオをイメージした洋風露天風呂
洋風露天風呂は明るく開放感あふれる雰囲気。古代ローマ時代から受け継がれてきた蒸気浴「テルマリウム」がありアロマオイルの相乗効果でリラクゼーション効果絶大。テルマリウムと併設して足浴もあり冷水、温水と交互に浸す事で血行をうながしてくれる。
落ち着いた情緒豊かな雰囲気の和風露天風呂
伊豆から取り寄せた石で組まれた本格的岩風呂に浸かれば日頃の疲れも忘れのんびりとくつろいでしまいそう。
また、和風露天には日本古来の風呂を復元した「窯風呂」(別途200円)がある。蒸し風呂で浴衣をはおって入浴するシステム。取材時に撮影の為ほんの数十秒中に入っただけで汗が噴き出してくるあたり、新陳代謝を活発にするのはもちろんだがシェイプアップ効果もかなり高そうだ。はじめは5分程の入浴時間からはじめてみよう!!
  • 水風呂
    水風呂
  • テルマリウム
    テルマリウム
  • 足つぼ湯
    足つぼ湯
  • 洋風サウナ
    洋風サウナ
  • 洋風大浴場
    洋風大浴場
  • 和風大浴場
    和風大浴場
  • 釜風呂外観
    釜風呂外観
脱衣所
明るく広々して清掃
とても気持ちよい脱衣所
明るく広々とした脱衣所は清掃も行き届きとても気持ちよい。所々に椅子も用意され着替えや湯上がりの休憩などに重宝するだろう。ロッカーはカギ付きだから安心して入浴できる。洗面台も清潔でスペースも広い、無料で使えるドライヤーも設置してある。
  • 脱衣所
    脱衣所
  • 洗面所
    洗面所
食事
休憩は館内各所に用意されたベンチなどを利用
横になって休める場所は特にないが、館内各所に用意されたベンチなどを利用してくつろぐことができる。
休憩スペース
おしゃれな雰囲気の軽食コーナーでは、
定番メニューからおつまみやデザート類も充実!
こちらのコーナーでのおすすめは「小平名物 糧うどん」(600円)地粉製の冷たい麺を温かいおつゆでいただくさっぱりとした一品。コシがあって絶品と評判だ。武蔵野つけ麺(700円)も人気。また、湯上がり後の楽しみといえば「ビール」で決まり!テルメ小川は「樽生の達人の店」として認定されている。達人の注ぐ格別うまい湯上がりのビールを是非お試しあれ!
  • 軽食コーナー
    軽食コーナー
  • 小平名物 糧うどん
    小平名物 糧うどん
売店・お土産
施設内自動販売機が多数設置
湯上がり後の定番瓶牛乳の自販機も
施設内自動販売機が点在していて湯上がり後の定番瓶牛乳の自販機も脱衣場に設置してある。
売店はないがフロントではフェイスタオル(300円)等も販売。またフェイスタオルとバスタオルをセットでレンタル(200円)しているので手ぶらで立ち寄る事もできる。
  • 売店で販売
    売店で販売
  • 自動販売機
    自動販売機
その他施設
タイ健式ストレッチ、足つぼ、あかすりなど充実コースのヒーリングサロン・クレアート
ヒーリングサロン・クレアート。ここでのおすすめはタイ健式。タイに伝わる古くからの健康療法を日本式と融合。かたくなった筋を揉み解してから、ストレッチで全身を充分に伸ばすことで、血行促進や運動不足、疲労回復等に大変効果的な施術法と言われている。その他定番の韓国式あかすりなど世界各国のメニューと取りそろえている。
  • ボディケアルーム
    ボディケアルーム
  • あかすりルーム
    あかすりルーム
  • 足つぼコーナー
    足つぼコーナー
  • リラックスコーナー
    リラックスコーナー
  • 受付
    受付
  • 達人の注ぐビール
    達人の注ぐビール
  • 武蔵野つけ麺
    武蔵野つけ麺
施設より
和風洋風それぞれにご用意した蒸気浴も大変人気のお風呂です
お越しの際は是非お試しください
お越しいただいたお客様からは「お湯の質が良い」とお褒めいただいております。当施設の温泉はツルツルとした触感で美肌効果が高い事が自慢です。また天然温泉のため体の芯から温まり湯冷めしにくく、皆様の美容、健康のお役に立てるかと思います。
混雑状況ですが、平日は比較的余裕がございますが、休日は夕方以降大変混雑が予想されますのでゆったりとご利用されたい方はお早めのご来店をおすすめいたします。
各種イベントも開催しており是非ご利用くださいませ。
お仕事帰りのお客様にもご利用いただけるように午後10時15分まで受け付けております。お仕事の疲れを癒し明日への活力へお役立てくださいませ。
スタッフ一同皆様のお越しを心よりお待ちいたしております。
トップへ
  • RSS
テルメ小川に関するブログを読む
トップへ